院長ブログ

tel_sp.png

2011.09.09更新


犬の皮膚腫瘍は比較的多い疾患です。
多くの場合はオーナー様が「皮膚にできものができた」と言われて来院されることが多いです。
クリークちゃんも「足におできができた」とのことで来院されました。
皮膚腫瘍は体のいたるところにできますが、前肢や後肢にできた場合には大きさによっては手術ができない場合もありますので早めの診察をお勧めします。
さかい動物病院では皮膚腫瘍はCO2レーザーメスで切除します。
CO2レーザーメスで手術した場合にはほとんど出血をしませんし、術後の痛みもかなり軽減ざれます。
皮膚腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍(皮膚がん)がありますので発見した場合には早めの診察をお勧めします。

image1
image2
image3

投稿者: さかい動物病院

facebook岐阜県獣医師会 夜間救急動物病院 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
tel:0572-68-0038 お問い合わせフォーム