院長ブログ

tel_sp.png

2011.06.17更新

image1 image2


犬の舌にできた腫瘍の摘出手術をしましたhappy02

アイちゃんは2か月ぐらい前からフードを
あまり食べなくなり最近はよだれがひどくなってきました。
口の中を診たところ大きな腫瘍が舌の上にできていましたcrying
(写真左)

すぐにでも処置をしてあげなくてはいけないので翌日
腫瘍摘出手術を行いました。


手術はAccuVetCO2レーザーメスとEnSeal(エンシール)
(詳しくは初めての方への院内案内をご覧ください)

を用いて止血をしながら
切除したので大きな出血はありませんでした。
(写真左腫瘍切除後)

幸いアイちゃんも翌日には
食欲旺盛で無事に
退院しましたgood


 


 

投稿者: さかい動物病院

2011.06.12更新

image1 image2
 

マダニをご存知ですかear

東濃地区の草むらや山には多くのマダニが生息していますhappy02
やぶや草むらなどに生息するマダニは、ペットの散歩の時に
寄生する機会を狙っていますcrying


散歩から帰ったらマダニをチェック
頭・耳・眼の周囲などに寄生することが多いですsign03
今年は天候のせいかマダニが寄生して来院していただく
ペットが非常に多いです。


もしマダニを発見しても
決して無理に取ろうとしてはいけませんup
化膿したり、病原体をペットにうつしたりするので
ただちに動物病院へ


当院ではマダニの寄生を防ぐために
フロントラインプラスの定期的
処方をお勧めしていますimpact


フロントラインプラススポットオンタイプは首筋に
たらすだけの簡単投与で一か月間マダニ予防に
効果があります
詳しくは電話にてお問い合わせください

さかい動物病院
telephone0572-68-0038


フロントラインプラスをお使いいただくと売り上げの一部は動物保護団体
・(社)日本獣医師会に寄付され犬・猫を救う活動支援につながります。
その証としてお使いいただいたすべてのペットにペンダントをプレゼント
しています。(写真右)

投稿者: さかい動物病院

2011.06.02更新

image1 image2

 


 
 犬の精巣腫瘍摘出手術をしましたのでご紹介します。

犬の精巣腫瘍は雄犬に発生する腫瘍の中で最も発生率が高いと
言われています。

当院では去勢手術をしていない雄犬に将来発生すると考えられる病気を無くすために早期の去勢手術をお勧めしています。

写真右側は手術中の写真です。この症例は左右の精巣がお腹の中に
ありました。このような状態を潜在精巣と言います。
潜在精巣は通常の精巣よりも腫瘍になる危険が高いことが知られています。


投稿者: さかい動物病院

2011.06.02更新

image1 image2

 


 
 犬の精巣腫瘍摘出手術をしましたのでご紹介します。

dogの精巣腫瘍は雄犬に発生する腫瘍の中で最も発生率が高いと
言われています。
さかい動物病院hospitalでは去勢手術をしていない雄犬に将来発生すると
考えられる病気を無くすために早期の去勢手術をお勧めしています。

写真右側は手術中の写真です。
写真左側は摘出した左右の精巣です。
右が腫瘍化した精巣です。
この症例は左右の精巣がお腹の中にありました。
このような状態を腹腔内潜在精巣と言います。
潜在精巣は通常の精巣よりも腫瘍になる危険が高いことが知られています。

精巣腫瘍には様々な腫瘍があり悪性の場合には命に関わることもありますshock
去勢手術をしていない雄犬は体調の変化がないか常に気を配ってあげてくださいねsmile

アトム君は手術の後元気に過ごしていますのでご安心くださいhappy01


投稿者: さかい動物病院

facebook岐阜県獣医師会 夜間救急動物病院 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
tel:0572-68-0038 お問い合わせフォーム