院長ブログ

tel_sp.png

2014.09.28更新

本日岐阜県獣医師会からの感染症注意喚起情報にて犬レプトスピラ感染症発生報告がありました。

多治見市内で飼育されていたシベリアンハスキー6歳が9月16日に動物病院を受診しましたが
当日死亡しました。
血液レプトスピラ抗体検査にて
血清型ヘプトマディス抗体が陽性でした。

レプトスピラ菌は河川や沼地など湿ったところに存在します。散歩中にレプトスピラ菌が口や鼻を介して感染します。症状は食欲廃絶、嘔吐、急性の肝炎・腎炎をおこします。重症例では死亡します。また、レプトスピラ症は
人獣共通感染症で、人にも感染します。

レプトスピラ症は予防注射で予防することが出来ます。ぜひ、
レプトスピラが入ったワクチン接種をお勧めします。

投稿者: さかい動物病院

2014.09.18更新

モモちゃんは18歳になる高齢の猫ちゃんです。マムシにいたずらして左手の甲を噛まれてしまいました。
猫の場合はマムシに噛まれる部位は殆ど前肢です。マムシにいたずらして噛まれるからです。
マムシに噛まれた場合短時間で腫れあがります。マムシ噛まれた歯形があります。
マムシに噛まれた場合の治療はマムシの毒を抑える注射を使います。
モモちゃんは高齢だったので回復に時間がかかりました。



モモちゃんの左前肢にも歯形がありました。


噛まれて二日目です。腫れが先端に移動してきました。


噛まれて4日目です。かなり腫れが引きました。


噛まれて12日目です。噛まれた傷跡もきれいになりました。
マムシに噛まれた場合にはなるべく早く動物病院で治療してもらうことをお勧めします。
治療が遅れると傷口が壊死してきて治癒に時間がかかります。場合によっては命に関わることもあります。

投稿者: さかい動物病院

facebook岐阜県獣医師会 夜間救急動物病院 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
tel:0572-68-0038 お問い合わせフォーム